練馬を愛する小料理屋石井さん直伝レシピ「栗の炊き込みごはん」

  • LINEで送る

猛烈な暑さも落ち着き始めた今日この頃。いたるところでを感じるようになると、ほっとするような気がしますね。
移転を前にした築地では「秋」真っ盛りです。さんま、秋しゃけ、栗、松茸、きのこ、フルーツでは柿などが並んでいます。いよいよ食欲の秋ですね。

そこで本日ご案内するのが和食の炊き込みごはんの定番「栗の炊き込みごはん」です。
当店でも大泉産の栗を使い、すでにこちらのごはんを提供し始めております。おかげさまで、大人気です!!


「栗」自体が持っている独特な甘味ホクホク感がなんとも言えないですね。やっぱり秋には1度は食べたいと思うのではないでしょうか?
「栗は剥くのが大変」と思われてる方!!一年に一度剥くことも楽しみながら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

その前に簡単に「栗」の歴史や栄養についてご説明しましょう。

栗は大昔、縄文時代から食べられていたとされています。それは発掘された遺跡跡からうかがい知ることができるそうです。また栄養も豊富ビタミンカリウムが豊富です。他にも亜鉛を含んでおり近年、注目されている栄養素です。
豊富な栄養が詰まった栗は夏の疲れた体栄養補給とてもぴったりな食材なんです!

「栗の炊き込みごはん」レシピ

それでは早速、レシピを見ていきましょう。今回は栗のむき方も写真付きでご説明いたしますので参考にしていただけたらと思います。

材料(4人前)

お米:2合

塩昆布出汁:2合(水360ml塩10g)

栗:(剥いた状態で150グラム)

①栗を剥く

外側の硬い皮「鬼皮」はこのように剥いていきます。

鬼皮が剥き終わったら、栗のおしり部分(下の部分)をカットします。

今度は真っ二つに縦に切ります。

写真のように切っておくと、剥くのがちょっと大変な渋皮が剥きやすくなります。

きれいに剥けました。

剥いた栗を水に10分ぐらい浸します。

塩昆布出汁を分量通り作る。

③米(2合)を洗い、鍋に洗った米塩昆布出汁と剥いた栗を全て入れて炊き上げれば完成。

ほくほく美味しい栗の炊き込みご飯が出来上がりました。